百草園 春は梅と雑踏、夏は緑と静寂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

たびたび散歩で訪れて、これまで何度かブログで紹介してきた、京王線沿線で梅の名所として知られている百草園は今どうしているか

梅まつりの頃の記事=梅づくし(その1)(その2)(その3)(その4)
梅まつり後の記事=新緑の頃(6/4)あじさいの頃(7/8)
ちなみに私は新緑の頃(6/4)が一番気に入っている

この時期(9月30日まで)入口受付が無人になる。
売店もお休みで園内にある松連庵での蕎麦も食べることができない

春と夏では随分人手が違うから当然といえば当然なことで、その風景と人出の違いを見るために写真を並べてみた
(写真はすべて左側が春、右側が夏、ほぼ同じ場所)

まず、梅まつりが終わると人出が極端に減る
百草園春-2百草園夏-2

緑が濃くてあじさいなど花もいろいろ咲いているのに残念
百草園春-3百草園夏-1

でも、梅の華やかさにはやはり勝てないかな
百草園春-4百草園夏-4

山全体もこんなに色が違う
百草園春-1百草園夏-3

次に人出が増える紅葉の時期に備えて、ゆっくり休んでください

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする