2011年の梅も見納め

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

2011年梅-5
2011年の梅写真もそろそろ終わり。最後の記事のトップはピンクの髪飾りをつけたような「思いのまま」。
リボンをつけたキティーちゃんのようだ
2011年梅-3
これが「思いのまま」の写真で一番良く見るパターン。

枝全体で見ると、淡紅や白が入り乱れて咲いている。
2011年梅-4
たくさんの白い囲まれた淡紅の花。大勢の男性の中に女性が1人、これは女王様状態?
2011年梅-9
でも、白い梅もなんとなく淡紅が入っているから、回りの男もちょっとそっち系かも

シベまで紅色の紅千鳥。盆栽にしたらすごく春を感じる盆栽になるだろう。
2011年梅-1

一重の白色でガクが薄緑なので全体的に淡い色あいの月影。
2011年梅-7
紅千鳥とはまた違って、日本の素朴な春のイメージ。
2011年梅-6

淡紅色の枝垂れ梅。後ろは高幡不動尊で大日堂の鳴り龍を拝観する時に入る大玄関。
2011年梅-8

そして梅にメジロ。小さくて花の蜜を吸って飛び回っている、かわいい鳥だね。
2011年梅-2
次は桜なんだけど、今年は昨年より少し遅れている感じがする。

いま大変残念なのは、昭和記念公園が閉園していること。これは昨年3月中旬の昭和記念公園の菜の花畑。
春の花
ホームページには「地震の影響などにより当面の間休園」とアナウンスされているが、この菜の花畑を開放すれば多くの人が心を休めることができると思う。

閉園していた京王百草園は18日(金)から通常営業している。計画停電の間は「そばの販売」は休止ということだが、それほどエネルギーを消費することなく、訪れた人に憩いの場が提供されている。

いま私たちができることは過度の自粛ではなく、復興のための行動・支援だと思う。 もちろん過度の自粛にしても復興のための行動・支援にしても、それぞれのおかれた状況や判断により異なるとは思うけど。

最後になりましたが、この度の東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心からのお見舞いを申し上げます。被災地の一日も早い復興を願っています。

(撮影 2011年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする