多摩動物公園を散歩

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

いつも昭和記念公園や百草園ばかりなので、3連休の中日に多摩動物公園に散歩に行ってみた。特に多摩動物公園は園内に起伏が多くていい運動になる。
多摩動物公園201109-1
後ろから見るとちゃんと象のしっぽがちゃんとあるんだよね
多摩動物公園201109-14
多摩動物公園は、子供が小さい頃は幼稚園の遠足の付き添いなどで何度も訪れたが、最近はまったく訪れる機会がなかった。


まず最初にアフリカ園、ライオンバスが人気のアフリカ園へ
多摩動物公園201109-2
ライオンバスの乗り場、この建物はアラビアンナイト?
多摩動物公園201109-4
これはすごい迫力だろうね。子供たちは大喜び。窓枠につけられている肉片が目当て。
でもバスが近づく直前までは、こんなことをしていた・・・。ライオンバスの中では説明が大変だったかも。
多摩動物公園201109-16
多摩動物公園のライオンバスはサファリ形式でライオンを見ることができる日本で最初の施設、1964年から運行されているそうだ

チーター、まだ青年なのかな、ライオンを見た後だと、ちょっと若々しく見える。
多摩動物公園201109-3
そういえば最近、水前寺清子(本名は林民子)さんを見かけない。「チーター」の愛称はデビュー前からのもので、小柄であったため「いさいみちゃんの気持ちを忘れないように」と作詞家の星野哲郎が命名したものだそうだ(Wikipedia)。

キリンはエサを求めて柵のそばに来ていた、草食動物は温和な顔だね。
多摩動物公園201109-5

シマウマ。草原でこの白と黒の縞模様はすごく目立つように思うが、実はこれが保護色(保護デザイン)なんだそうだ。
多摩動物公園201109-6

蟻塚を模したところに枝を突っ込んでなめているチンパンジー、代わるがわるずっとやっていた
多摩動物公園201109-7

ここからはアジア園。精悍な顔をしたオオワシ。
多摩動物公園201109-8

この日、一番格好良かったのがこのユキヒョウ。アフリカではなく中央アジアの山岳地帯に生息するらしい。
多摩動物公園201109-10
動物園とは関係ないけどMacOSはこの夏、ユキヒョウ(Snow Leopard)からライオン(Lion)に進化した。ここ多摩動物公園のライオンはユキヒョウよりものんびりしていて、とても進化とは思えない。
多摩動物公園201109-15

水牛。この夏の沖縄、由布島以来の再会。元気だったかい
多摩動物公園201109-11

なぜかここに大阪のおばちゃん
多摩動物公園201109-9
あ、見間違えました、ごめんなサイ
多摩動物公園201109-12
これはインドサイだろうか、甲羅のような皮膚がすごい。サイってこんな感じだったっけ?と思ったらシロサイやクロサイはこんな甲羅みたいな皮膚ではないようだ。自分が子供頃、動物園で見た記憶にあるサイはたぶんシロサイだったのだろう。

子供と来た多摩動物公園は広大で、動物を見ながらの子供の歩くスピードでは1日あっても全部回りきれるか?と思ったけど、私1人だと1時間半ちょっとでほぼ全部を回ることができた。やはり昭和記念公園の方が広いな

手前が京王線多摩動物公園駅、高架に見える駅は多摩都市モノレールの多摩動物公園駅。
多摩動物公園201109-17
今回、多摩動物公園には京王線の多摩動物公園線を利用した。プラットフォームで懐かしいなぁと思ってはみたものの、実は車や自転車、モノレールで来たことはあるんだけど京王線で来たことはいままで1度もなかったかもしれない。
京王線高幡不動駅から多摩動物公園駅までは、なんと120円。もちろん大人の運賃、安い


にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする