溝蕎麦(ミゾソバ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

溝蕎麦
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.10  東京都日野市

溝蕎麦
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.10  東京都日野市

溝蕎麦(ミゾソバ)、タデ科。溝や用水路などに生えて花と葉がソバに似ていることが名前の由来。

ちいさな花が集まってコンペイトウのように見える可愛い花。

別名は牛の額(ウシノヒタイ)。これは葉っぱが牛の額のような形をしているから。

溝蕎麦
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.10  東京都日野市

花びらの先端が赤いので、蕾の時が赤くて花が咲くと白色になったようにも見える。

ところで、蕎麦って米や麦のようなイネ科ではなくタデ科なんだね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする