今週の高幡不動尊(2/15) 梅「思いのまま」が咲いた、そして河津桜も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

日曜日は雨模様、土曜日もはっきりしない天気の週末となった東京多摩地区。

高幡不動尊の境内。五重塔前の周りでは白梅がきれいに咲いて見頃近くになっている。

これは五重塔前の梅「思いのまま」。2週間ぶりに来たらもうこんなに咲いている。この「 思いのまま」という梅は1つの枝で白梅と紅梅が咲く珍しい梅。白梅も紅梅も思いのままに咲かせるというのが名前の由来だろう。高幡不動尊では「咲分けの梅」という名札がつけられている。数は少ないけど1つの花の中に白色の花びらと紅色の花びらが混じることもある。できればきれいな青空を背景に撮りたいね。

梅と違ってミツマタ、ジンチョウゲ科は咲くスピードが遅い。
これはちょっと珍しい八重咲きのスイセン。    

ユキヤナギ(雪柳)、バラ科はまだ咲き始め。たくさん咲くと花のムチのようになる。  

だんだんと春の花が咲き始めたが、極めつけはこのカワヅザクラ(河津桜)、バラ科。まだ少しだけだけど桜が咲いた。やっぱり桜の色は春の色、一気に春気分になる。
少し咲くのが早かった昨年より、今年はさらに1週間早い。やっぱり今年の冬は暖かい。

今週の高幡不動尊Vol.570 (撮影  2020年2月15日) にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

コメント

  1. 凪々 より:

    紅白、彩り豊かな思いのまま。。。
    とても優美で綺麗ですね。
    今が梅の見頃、春の足音も聞こえて来ますね。
    (*^_^*)

    • chibita より:

      ちびた>凪々さん
      「思いのまま」に咲かせるなんていい名前です。
      もう少し天気が良ければ・・・(汗)

  2. 根岸冬生 より:

    本土は季節季節で歳時記的に花が咲くものですね。
    昔、山梨で仕事をしていたとき、花見は三月の桃でした。
    盆地の半分、東京よりは桃の産地ですからね。
    桃の花の下、春鶯囀(しゅん のうてん)をたらふく飲みました。

    • chibita より:

      ちびた>ネギさん
      そういえば東京は割と歳時記的に咲きますね。
      桃は花の色が濃いですから、見頃になるとすごくきれいでしょうね。

  3. hisami より:

    奇麗ね~春爛漫
    昨日までの寒波も抜けて
    今日から又暖かくなりそう♪
    又開花が進みますね

    • chibita より:

      ちびた>hisamiさん
      寒波に備えていましたが、思ったほどでもなかったですね(笑)
      どんどん開花していきます。あとは天気も良くなってほしい。