昭和記念公園 アナベルと花菖蒲

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

6月5日(土)、緊急事態宣言はまだ解除されていないけど、昭和記念公園の臨時休園が解除になったので、さっそく行ってきた。

久しぶりに見る、立川口前のカナールと大噴水。

せっかく久しぶりの昭和記念公園なのに、天気はそれほど良くなく、人出も多くない。

この時期の昭和記念公園は春のフラワーフェスティバルが終わって、人出も一段落。見ることができる花としてはアジサイと花菖蒲がメインかな。昭和記念公園のアジサイはまず白いアジサイのアナベルから始まる。

アナベル以外のアジサイも咲いているんだけど、どこを見てもアナベルが多い気がする。この山アジサイの後ろにもアナベル(笑)

アナベルは薄緑色からだんだんと白色になるが、すでに白色になっているアナベルが多かった。   

花菖蒲が咲いているのは日本庭園かこの花木園の菖蒲田。
パッと見た時は、まだ咲き始めかと思ったぐらいの密度だったけど、1つ1つの花はしっかり咲いているので、咲き始めではなく、今年はこんな感じの密度。         花菖蒲の特徴は花びらの中央に黄色い筋があることなのでわかりやすいかも。     黄菖蒲ではなく黄色い花菖蒲は珍しい。ちゃんと名前があったと思うけどわからない。以前は花菖蒲の品種名が書いた名札があったんだけどなぁ。

    昭和記念公園(Vol.435) (撮影 2018年6月5日) にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

コメント

  1. 凪々 より:

    紫陽花に花菖蒲と季節の花が勢揃いですね。
    アナベルはもう白になったのですね。
    早いなぁ~!(*^_^*)

    • chibita より:

      ちびた>凪々さん
      花を見ていると季節が変わっていくことがわかりますね。
      高幡不動尊に比べると昭和記念公園のアナベルは早いです。

  2. hisami より:

    アナベルの色の変化って良いですよね
    緑がかってる時も好きだし
    真っ白になると清楚な感じで好き

    • chibita より:

      ちびた>hisamiさん
      真っ白な時期って結構短いのが人間の世界になんか似ています(笑)
      色の変化が楽しめるアジサイですね。