今週の高幡不動尊(12/12) 晩秋の風景

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

土曜日・日曜日ともいい天気になった東京多摩地区。 高幡不動尊入口の仁王門には「元旦大護摩御修行」が掲げられていた。

12月13日は「正月事始め」、お正月の準備を始める日のことで。昔は門松を作るために必要な木や雑煮を炊くための薪を山へ取りに行った日なんだそうだ。 いい天気だけど境内に参拝者は少ない。
人出が増えた時に危険なので入口の段差を無くすための養生が完了していた。

五重塔周りの紅葉。上写真の右側はもう終わっているけど、左側を見ると(下写真)、まだ結構頑張っている。
 

今まで気が付かなかったこの真っ赤なモミジ。左側の階段は山の上の鐘楼まで一直線に上ることができる。 でも傾斜が強く、途中に踊り場もないためか、危険なためずっと前から使用禁止。   

六地蔵さんの正面、大日堂の屋根の部分にまだきれいなモミジが見える。六地蔵さん上のモミジは落ちてしまったけど、このモミジを入れて撮るとまだ大丈夫。

山内のお地蔵さん(弘法大師)の周りもかなり落ちてしまったけど、右側の赤いモミジは燃えるように赤い(下写真)。
 

山の中の散策道は晩秋らしい風景になっている。ほとんど人が来ないこのあたりはすごく落ち着いてた風景で好きな場所。でも、この日は三脚使って写真を撮っている人がいた。ここの良さわかっているね(笑)

奥殿横のミツマタ、ジンチョウゲ科。 このミツマタが咲く時期は春が近づいて暖かくなり始める頃、まだまだ先、蕾は固いね。

  今週の高幡不動尊Vol.617 (撮影  2020年12月12日) にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

コメント

  1. 凪々 より:

    燃えるように赤いモミジがとても綺麗です。
    紅葉も粘ってますね。
    気温は真冬並みになってきていますので、紅葉ももうすぐ
    終わるでしょうね。

    • chibita より:

      ちびた>凪々さん
      これは最後の輝きですね。
      真冬は真冬らしい寒さにならないといろいろ別なところに異常が出そうです。

  2. hisami より:

    こちらの紅葉も12月初旬まで頑張ってましたが
    先週の冷え込みで一気に真っ茶っ茶~禿枝へ
    冬景色になりましたわ~寒い・・・・

    • chibita より:

      ちびた>hisamiさん
      この1週間ぐらいで、一気に年末らしい景色になってきましたね。

  3. 今年の紅葉は正月明けでもまだまだ十分見られそうな感じ。今年はコロナで初詣分散になるのでしょうね。小生は大晦日の朝に川崎大師に年末お礼参りにいきますが、毎年人んど人のいない静かな環境でのお参りでしたが今年は人が増えそうだなあ・・と予想しています。今年もあと1週間余日なのに、年賀状も書いていないし大掃除もしなきゃと思いつつ時間は確実に刻まれます。

    • chibita より:

      ちびた>ローリングウエストさん
      初詣が分散されると、私が普段行く時に人が増えそうです。ちょっとイヤかも(汗)
      年賀状は有馬記念が終わったあと(笑)

  4. I’m extremely pleased to discover this website. I wanted to thank you for ones time just for this fantastic read!! I absolutely enjoyed every part of it and i also have you bookmarked to see new stuff in your site.

  5. cialis online より:

    Definitely, what a great blog and revealing posts, I definitely will bookmark your site. Best Regards!