昭和記念公園 夏水仙(08/07)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

昭和記念公園の続き。ひまわり鹿の子百合に続いて、今回はナツズイセン。

ここは鹿の子百合が咲いていた眺めのテラスのすぐ近く、ふれあい橋南西花壇と呼ばれている場所で、初春には日本水仙、秋には彼岸花が咲く場所。ナツズイセン(夏水仙)、ヒガンバナ科。ここで咲く彼岸花も日本水仙も同じヒガンバナ科。夏に花が咲き、葉が花のあとに出てくるが、その葉が水仙に似ているからついた名前だそうだ。
花は彼岸花に似ていると言われるが、高幡不動尊で見た狐の剃刀にも似ていると思う。暑い時期に涼し気な色がいい。   

森の中でポツンと咲くナツズイセン。   
一昨年までは、こんな感じでもっとたくさん咲いていた。2019年7月に同じ場所のナツズイセンを撮ったのが上写真。

全体で4,5本咲いているだけなので、ポツンとした感じでしか撮れない。

本当はこんな感じに撮りたかったんだけどね(汗)

          昭和記念公園(Vol.445) (撮影 2021年8月7日) にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 凪々 より:

    薄ピンクの花色はとても清楚な印象です。
    綺麗ですね。
    我が家でも昔は咲いていましたが、いつの間にか
    消えちゃいました。
    (^0^;)

    • chibita より:

      ちびた>凪々さん
      猛暑の時期に見ると涼し気でいい色です。
      ここの夏水仙もなんだか少なくなってしまってちょっと残念です。