伊豆シャボテン公園には動物や鳥がたくさん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

先日の伊豆旅行では伊豆シャボテン公園にも行った
伊豆シャボテン公園1-3
入口でいきなりかわいいリスザルの歓迎を受ける
かわいいのでなんとかうまく写真を撮ろうとするんだけど、チョロチョロしてなかなかピントがあわない
伊豆シャボテン公園1-2伊豆シャボテン公園1-1
実はここの駐車場に入る途中の道に「リスザル飛び出し注意」というような看板があった
リスザルが放し飼いにされているなんて予想していなかったので、楽しい演出だなぁなんて思ったら、園内を自由に走り回っていた

(下写真左)きれいなインドクジャク。実は放し飼いになっているのはリスザルだけじゃなくて、インドクジャクなんかも、自由に歩き回っている
伊豆シャボテン公園1-16伊豆シャボテン公園1-4
(上写真右)人を怖がらずに堂々と近づいてくるので、ちょっとビビってこっちが道を譲る

(下写真)左:ベニコンゴウインコ、右:ミドリコンゴウインコ。このインコたちもつながれているわけでもなく、囲いがあるわけでもない場所にいる。
伊豆シャボテン公園1-6伊豆シャボテン公園1-8
伊豆シャボテン公園1-9伊豆シャボテン公園1-7
(上写真)左:ルリコンゴウインコ、右:アカコンゴウインコ。インコの羽根はとってもきれいだけど、鳴き声がすごくうるさい・・・

(下写真左)ハシビロコウ。「ハシビロコウ」とは、くちばしがひろいコウノトリと言う意味だそうだ。この鳥も手を伸ばせば触れるような場所をウロウロしていた
伊豆シャボテン公園1-17伊豆シャボテン公園1-12
(上写真右)獲物を狙うときなどあまり動かないのが特徴の鳥。見た感じがなかなかユニークで一度見たかった鳥なので、すごくうれしい。あとで調べてみるとここ伊豆シャボテン公園以外では上野動物園や千葉市動物園にもいるらしい。どうやら自宅から一番遠いところに見に来たようだ・・・

ハシビロコウがエサを食べる様子、来日して39年になるおじいさんだそうだ
画面が少し揺れてしまっていて申し訳ないです

横から堂々とエサを盗み取りしていくのがアフリカクロトキ。それでもハシビロコウに睨まれるとやっぱりビビルみたいだ

(下写真左)ミーアキャット。この立っている姿がかわいくて有名だけど、これは敵から身を守るための見張り&日光浴の姿だそうだ。この時もちょうど反対側にカラスが飛んできていて、こちら側と反対側の両方をしきりに気にしていた
伊豆シャボテン公園1-15伊豆シャボテン公園1-14
(上写真右)オグロプレーリードッグ。ネズミの仲間なのにドックとついているのは鳴き声が犬に似ているからだそうだ。このミーアキャットっぽい立ち姿はミーアキャットと同じで日光浴&警戒中だそうだ

(下写真左)このリクガメ何やってんの?鼻息をズーカズーカ言わせながら、ずっとこんな感じで腰(下半身?)を揺り動かしていたそればっかり気になって、このカメの名前を見るのを忘れた・・・
(9/4追記)これはケヅメリクガメだという情報をいただきました。ふぁいさんありがとうございました
伊豆シャボテン公園1-11伊豆シャボテン公園1-13
(上写真右)ホオジロカンムリヅル。誰かに似ているなぁと思って見ていたら「徹子の部屋へようこそ!」というテレパシーを感じた、なるほど黒柳徹子だ

そんなあほなこと考えていたら、ふと目があったクロカンガルーにうつむきながら笑われてしまった
伊豆シャボテン公園1-5
毛づやもよくて撫でると気持ちよさそう。ここでは、このカンガルーもそばに行って触ろうと思えば触ることができる場所にいる

この伊豆シャボテン公園、大昔に来たときは、確かでかい温室の中にサボテンがたくさんあるだけだったような気がしていたんだけど、サボテン以外でかなり楽しめた

肝心のサボテンはまた後ほど

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示されてしまう場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする