昭和記念公園 日本庭園の秋明菊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

昭和記念公園のこもれびの丘に行ったあと、日本庭園の池が清掃のため水が抜かれているらしいので行ってみる。

清池軒から橋の方を見たところ。当然だけどすっかり池の水がなくなっている。 下写真は普段の様子。砂利の部分とそうでない部分の境目が水面下にうっすらと見えている。

池に突き出た清池軒。上の写真は池側の窓から撮った写真。石には水面の位置がよくわかる線がはいっていて上と下で色が変わっている。上写真だと単に池に突き出ただけだが、下写真のように池に水が入ると、少し池に浮かんでいる位置に見える。 これは橋のそばの様子。ここの石も水面の位置で色が変わっている。この橋は渡る部分は木製だけど、基礎から橋の下部分まではコンクリートで造られている。日本庭園の池清掃は10月12日(土)までの予定。

この時期の日本庭園で咲く花といえばこのシュウメイギク(秋明菊)、キンポウゲ科。高幡不動尊は白い花だけど、ここの花は濃いピンク色。 別名がキブネギク(貴船菊)、これは京都の貴船地方で多く咲いたことが由来だそうだ。もう少しすると彼岸花やホトトギスが咲き始めるだろう。

これはコムラサキ(小紫)の実。薄緑色から明るい紫色に変わりつつある。

これは色が変わる前のコムラサキではなく、実が白くなるシロシキブ(白式部)、クマツヅラ科の実。  
400万本のコスモスが咲いてコスモスの丘になる予定の花の丘にも行ってみる。
咲くのはセンセーションという品種だけど、まだちょっと早い。予定では10月中旬から下旬なので1か月先・・・  
花の丘の先(砂川口方向には、ひまわり畑があるが、すでに終わっていた・・・まさにこれがひまわりの種。        

昭和記念公園(Vol.353)(撮影 2019年9月14日) にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

コメント

  1. hisami より:

    日中は相変わらず暑いけど
    朝晩が随分と涼しくなって秋めいてきましたね~
    そろそろコスモス♪
    そしてコスモスの時期になると
    黒豆枝豆の時期~@楽しみ(笑)

    • chibita より:

      ちびた>hisamiさん
      そろそろ秋、そしてコスモスですね。
      黒豆枝豆そしてビールでしょうか(笑)

  2. 凪々 より:

    秋明菊、咲き出しましたね。。。
    キンポウゲ科らしく、蘂がとても可愛いですね。
    我が家でも育てていますが、咲くまでにもうしばらく
    掛かりそうです。

    • chibita より:

      ちびた>凪々さん
      秋明菊が咲くと秋だなぁって思います。
      高幡不動尊も思ったほど咲き進んでないんですよね・・・