京王百草園 この時期の花たち(6/12)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

臨時休園が続いていた京王百草園も、6月1日から営業を再開したので、久しぶりに行ってみた。

春の梅と秋の紅葉がウリの京王百草園。この時期はあまり見所がないためか、訪れる人も少なく受付は無人になって料金箱に入場料を自分で入れる。 通路中央に置かれた白く見える看板は、自分で料金箱に入れることが書かれている。 

ホタルブクロ、キキョウ科。小学生の頃に夏休みの宿題として押し花にした記憶があるから夏を感じる花。  

ムラサキツユクサ(紫露草)、ツユクサ科。花の色が紫色なだけでなく、ツユクサ(露草)よりもかなり大きい。ツユクサはまだ咲いていなかった・・・ 

ノカンゾウ(野萱草)、ユリ科。 よく似ている花で八重咲なのがヤブカンゾウ(藪萱草)。   

ノアザミ、キク科にモンシロチョウがとまっていた。美味しい蜜がたくさん出るのだろうか、かなり近寄っても全然逃げなかった。     人がいない静かな和庭園。下写真の丸い竹柵の中に、この京王百草園のシンボルとも言える寿昌梅が植わっている。  この寿昌梅は、江戸の享保年間に徳川家康の長男・信康追悼のため、当地に松連寺を再建した寿昌院が植樹したと伝えられているそうだが、享保年間と言えば1716年~1736年なので樹齢が約300年。それぐらい古い梅の木が存在することもすごいが、いまだに春には花を咲かせて、そのあとしっかり実を成らせるのがさらにすごい、本当なのか?   

この時期だから、当然園内ではアジサイがきれいに咲いている。  でも、アジサイに関しては、隣駅の高幡不動尊が有名なだけに、アジサイを目的に京王百草園を訪れる人はそれほど多くはない。それだけに静かにアジサイを鑑賞したい人にはお勧めかもしれない。

    撮影  2021年6月12日 にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

コメント

  1. hisami より:

    花が次々咲く季節だから
    営業再開 良かったですね♪
    紫陽花園に百合園
    行きたいんですけど・・・・お休みの日が
    雨なんですよね~~~ 泣

    • chibita より:

      ちびた>hisamiさん
      いろいろと再開してくれて良かったです。
      この時期は天気との戦いになりますね(笑)

  2. 凪々 より:

    色々な花があって、楽しめそうです。
    開園、良かったですね。
    (*^_^*)

    • chibita より:

      ちびた>凪々さん
      この時期の京王百草園は人が少なくてゆっくりできました。