今週の高幡不動尊(11/08) だんだんと色づき始めた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

秋らしい気持ちの良い天気の週末となった東京多摩地区。

11月に入って高幡不動尊の境内は七五三参りの家族連れが目立つようになってきた。  不動堂前の両側に準備された場所に菊が飾られている。
これは江戸時代に品種改良により作出された古典菊(伝統菊)の1つで、江戸を中心に育てられた江戸菊だろう。
古典菊(伝統菊)には、この江戸菊のほかに京都嵯峨野で育てられた嵯峨菊、熊本の肥後菊、岐阜の美濃菊、伊勢の伊勢菊・松阪菊などがあるそうだ。

毎年菊まつりで、どこかに飾られる愛嬌のある亀、今年は宝輪閣前に飾られていた。  

この日の高幡不動尊境内の紅葉は色づき始めという感じ。大師堂前のこのモミジが一番きれいな色をしていた。 大師堂前のモミジを見る方向を変えて、五重塔側から大日堂方向に見ると、大きなイチョウの黄葉が一緒に楽しめる。モミジとイチョウの間に大日堂の大きな瓦屋根があるんだけど、ちょっと見えづらいね。このイチョウの木の下はまだ黄色いジュウタンにはなっていなかった。この日は珍しく空之介が一緒、空之介の散歩で高幡不動尊まで来ることはたまにあるんだけど、空之介が一緒の時はカメラは持ってこない。
でも、このところ家でうみと遊ぶことが多く、散歩に出ていないから写真も撮っていない。だからこのブログの更新も滞っているので、今回はカメラを持って来た(汗)

五重塔横の様子。ここが色づくとすごくきれいなんだけど、もう少しだね。五重塔には11月恒例の萬燈会に向けて提灯が飾られている。でも今年は例年のような萬燈会は中止で仏事だけ行われるらしい。

  今週の高幡不動尊Vol.611 (撮影  2020年11月9日) にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

コメント

  1. 凪々 より:

    ここ数日の寒さで色付きが進んだみたいですね。
    日光の紅葉はここ数年の中でも色付きが良かったので
    こちらも期待ですね。
    更に色づくと綺麗でしょうね。

    • chibita より:

      ちびた>凪々さん
      いい感じで紅葉が進んでいますね。
      しばらく強い風雨がないことを祈ります。