昭和記念公園 日本庭園の水風景

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

緊急事態宣言が延長されて、そのまま臨時休園が続く昭和記念公園。これは臨時休園になる前日4月24日の様子。翌日から臨時休園になることがわかっていたので、昭和記念公園の主要なところをすべて回った。

いままでカナール横の藤棚ハーブ園のポリジと花筏原っぱ東花畑のブーケガーデンこもれびの丘の山野草を紹介してきたが、最後となる今回は日本庭園の水風景。日本庭園に入った所にボタン(牡丹)、ボタン科がきれに咲いていた。この牡丹は牡丹らしい色あい。牡丹にもいろいろ名前がついていて名札があった。上の牡丹は七福神というらしい。
 
これはイチハツ(一初)、アヤメ科。背景はツツジ。

これは咲き始めのカキツバタ(杜若)、アヤメ科。  今頃はもうたくさん咲いているだろう。   

これはキンラン(金蘭)、ラン科。こもれびの丘のギンラン(銀蘭)と違って派手。

クマガイソウ(熊谷草)、ラン科。変わった花だ・・・ 武士(熊谷直実 くまがいなおざね)が背負った母衣(ほろ)に見立てた名前。なぜ源平合戦の熊谷直実の名前があてられているのか良くわからないが、平家物語の平敦盛の最期の話にちなんで、このクマガイソウとよく似た花のアツモリソウの名前が付けられている。 

エビネ(海老根)、ラン科。これもラン科。今回はラン科の花が多い。海老の名前の由来は地下の茎や根の形らしいので見えない・・・ 

清池軒から見た池の様子。新緑の中でツツジがきれいに咲いている。 この池は単に「池」で名前がついていないんだよね(笑)  新緑が水面に映って緑色の水のように見える。  水面に映った新緑とツツジの色がきれいだった。臨時休園前の写真はここまで、早く非常事態宣言が解除されて開園してほしい。

  昭和記念公園(Vol.434) (撮影 2018年4月24日) にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

コメント

  1. 凪々 より:

    クマガイソウが咲いているのですね。
    珍しい植物ですね。
    以前は、ホームセンターで売っていましたが、希少な植物。。。
    育てるのも難しいです。

    • chibita より:

      ちびた>凪々さん
      クマガイソウは昭和記念公園でしか見たことがないです。
      しっかり管理されているのでしょうね。

  2. hisami より:

    こちらでは11日以降は時短営業で
    フラワーパークや大きな公園は開園してます
    東京はまだなんですね
    小池さん なかなかで厳しいですね・・・・

    • chibita より:

      ちびた>hisamiさん
      東京の臨時休園は徹底しています。映画館まで閉めています。
      「人流を抑える」と言うだけで説明がありません・・・