昭和記念公園 2月上旬の花たち(過去写真)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

緊急事態宣言が出てから、ずっと臨時休園中でまったく行くことができない昭和記念公園。もし今行くことができたら、きっと撮れただろうという花を過去の写真からピックアップ。

この時期らしい名前のセツブンソウ(節分草)、キンポウゲ科。小さい花だけど周りにまだ草が少ないこの時期にさっと花を咲かせる春の妖精(スプリングエフェメラル)。
(撮影2020年2月1日)

春に鮮やかなビタミンカラーで元気がもらえるラッパスイセン、ヒガンバナ科。
(撮影2018年2月12日)

年末頃から咲き始める日本水仙よりも花が派手なのは春に近い時期に咲くからだろうか。(撮影2018年2月12日)

残雪の間で咲くかわいい花、スノードロップ、ヒガンバナ科。
(撮影2019年2月10日)

前日に少し降った雪が残っていて別名の待雪草とピッタリの状況。  (撮影2019年2月10日) 

こちらもビタミンカラーの花、フクジュソウ(福寿草)、キンポウゲ科。ここは花木園梅園で花に梅の花びらがついている。
(撮影2020年2月15日) 

春の陽ざしを集めるパラボラアンテナのような花だけど、陽射しが陰ると花の中の温度を下げないように花びらを閉じてしまう敏感な花。
(撮影2020年2月15日) 

なんだかここまでヒガンバナ科とキンポウゲ科の花が続いた(笑)

上写真の福寿草が咲いている花木園梅園の様子。紅梅と白梅に混じる黄色はマンサク。
(撮影2020年2月15日)

葉がまだ残っているシナマンサク(支那満作)、マンサク科。
(撮影2020年2月15日)

見頃になっている鮮やかな紅梅は「オオサカズキ(大盃)」。(撮影2020年2月15日)

この花木園梅園はメジロが良く来る場所。今年は人がいないから、ゆっくり梅の蜜を吸っていることだろう。
(撮影2020年2月15日)

昭和記念公園のホームページやTwitterでは、いま園内で咲いてる花の写真をアップしてくれているけど、見ていてなんだか寂しい・・・

  昭和記念公園(Vol.423) (撮影 2018年2月12日,2019年2月10日,2020年2月1日,15日) にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

コメント

  1. 凪々 より:

    今年は、仕方無いですね。
    過去写真でも存分に楽しめます。
    節分草に福寿草、キンポウゲ科の花に会えて
    嬉しいです。
    とても綺麗です。

    • chibita より:

      ちびた>凪々さん
      なんかこの時期はキンポウゲ科の天下のような気がしています(笑)

  2. hisami より:

    屋外のしかも~広い公園なのに
    臨時休館なんですね・・・・
    残念ですね

    • chibita より:

      ちびた>hisamiさん
      そうなんですよ、かなり広い公園なのに・・・
      昭和記念公園だけでなく新宿御苑、神代植物公園も臨時休園です(涙)

  3. ここ数日、暖かくなってきましたね。近隣にある梅がだんだん咲き始めや河津桜の蕾がだいぶ膨らんできたのでこれからの近隣散歩が楽しくなってきました。

    • chibita より:

      ちびた>ローリングウエストさん
      河津桜は早咲きですから、そろそろ楽しめますね。