京王百草園 梅まつりの様子(2011年3月5日)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

3月5日の京王百草園の梅まつりの様子

園内のほぼ中央、松連庵(しょうれんあん)の前にある樹齢300年といわれる「寿昌梅(じゅしょうばい)」。たくさんのつっかえ棒がこの梅の木の長い歴史を物語っているようだ
京王百草園201103-1
いままで何枚も京王百草園の写真をアップしてきたけど、この寿昌梅の写真をアップしたのははじめてかもしれない。幹と枝がすごく広がっているので、どのように撮っていいのか今ひとつわからない

心字池越しの枝垂れ梅、奥にはお茶会や句会、歌会など催される三檪庵(さんれきあん)が見えている。
京王百草園201103-3
枝垂れ桜って風情がある風景をつくるね。

今回は紅千鳥という紅梅がきれいに咲いていて一際目を引いた
京王百草園201103-6
青空に映える紅色。
京王百草園201103-14
この紅千鳥はシベも紅色。なんだか色っぽい梅だ

園内に何本かある「思いのまま」も咲き始めた。
京王百草園201103-12
同じ枝に白と淡い紅色の花が咲いている。
逆光で光が透けた1枚だけ淡紅色の花びらもいいかな。
京王百草園201103-2
京王百草園の「思いのまま」は高幡不動尊のとは違って遅咲きだね。

さすが梅まつり、園内は梅見物の人で賑わっていた。ちょっと平均年齢高めですけど
京王百草園201103-5

カンザキアヤメ。園内は梅の桃色や紅色に囲まれていてこの紫色が目の休息になった。
京王百草園201103-9

「寿昌梅(じゅしょうばい)」の足下には福寿草もたくさん咲いている。
京王百草園201103-8

年明けから咲いているロウバイもまだ健在。いい香りを漂わせている
京王百草園201103-11
スイセンも健在。でもちょっと終わりかけかな・・・
京王百草園201103-13

「南高」という札が見える、梅干しで有名な南高梅なんだろうね。
京王百草園201103-10
美味しい梅干しが食べたい

見晴台からの景色はこんな感じ、春の賑やかさが出てきた
京王百草園201103-4
京王百草園の梅まつりは3月13日(日)まで。期間中の週末にはいろいろな催し物が予定されているが、梅まつりが終わったあとの静かな百草園もお勧め

この記事はbabathegiantさんのつながり企画「2011年、梅写真」に参加しています

(撮影 2011年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする