昭和記念公園(Vol.11)いろいろな花たち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

6月最初に行った昭和記念公園の続き、前回はちょっと変わった花の光景ばかりだったけど、今回は普通(そうでもないか・・・)の花たち

ユキノシタ科のサラサウツギ(更紗空木)。先月高幡不動尊で咲いていたヤエウツギの花びらの外側をうっすら紅色に染めたちょっとおしゃれな花
昭和記念公園201006-3

スイカズラ科のハニーサックル。かわった形の花だね。
昭和記念公園201006-2
別名がニオイニンドウと言っていい香りがかなり強くするそうだが、写真を撮った時は特に匂いは感じなかった。

写真を撮っていてすごく匂いがしたのはこの栗の花。とにかく匂いがすごくて、たくさん写真を撮っていられないほど
昭和記念公園201006-12

かわいいブルーの花、ムラサキ科のボリジ。別名がルリチシャとかスターフラワーとかいうそうだが、星形の花びらがいいね
昭和記念公園201006-1

キク科のダイヤーズ・カモミール。カモミールって花びらが白いマーガレットみたいな花だって思っていたけど、いろいろあるんだね。
昭和記念公園201006-4

マリーゴールド、キク科。名前が「聖母マリアの黄金の花」という意味だけあって、いつもながら元気をくれる力強いオレンジ
昭和記念公園201006-11
マリーゴールドにはフレンチ・マリーゴールド、アフリカン・マリーゴールド、メキシカン・マリーゴールドがあるそうだが、メキシコが原産地でフランスやアフリカで栽培され広まったそうだ

マリーゴールドをバックにスミレ科のビオラ。ビオラはたくさんの園芸品種がある。この青、白、黄色のビオラは「F1ベビーブルー&イエロー」という品種らしい
昭和記念公園201006-5
ビオラがたくさん咲いていると何故かミッキーマウスのように見えるね

これはトケイソウ(時計草)、見たまんまの名前。珍しい花だと思うんだけど、なんとトケイソウ科、トケイソウ属というのがあって500種以上の花があるそうだ
昭和記念公園201006-13
アップにすると、まさに時計
昭和記念公園201006-14
この花については、いつもコメントをいただく、フラワーデザインのレッスンをやっているYumiさんのブログ(Love Flower and Ohana)で、かわいいお子さんと一緒に紹介されていたので、こちらを

キンポウゲ科のラークスパー。この花もいろいろな色があるようだ。
昭和記念公園201006-6
上は紫と赤紫、下はピンク
昭和記念公園201006-7

ヤグルマギク、代表的なブルーの花。一言でブルーというものの、微妙に色味が違っている、いい色だな
昭和記念公園201006-8

ねこじゃらしのようなイネ科のラグラスとカモミール。昭和記念公園201006-10
フサフサした穂の感じがイネ科らしいけど、ラグラスは「野ウサギの尾」という意味を持つそうだ

昭和記念公園バーベキューガーデン横のお花畑。奥の方に紫のネギ坊主(アリウム・ギガンチウム)が咲いている
昭和記念公園201006-9
チューリップのように品種や色ごとにきれいに並べられた花壇だけでなく、こんな自然の原っぱのようなお花畑もあるのが昭和記念公園のいいところ

(撮影 2010年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする