京王百草園 夏のイベント開催中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

久しぶりの京王百草園。
京王百草園201208-1

つる性植物のノウゼンカズラ、ノウゼンカズラ科。真夏で花が少なくなる時期に咲く。
京王百草園201208-2
この花は色と形が南国の雰囲気だね。
京王百草園201208-3
ノウゼンカズラは漢字で凌霄花と書く。「凌」はしのぐ、「霄」はそらという意味で青空をしのぐほど高く登ることからついた名前だそうだ。

空を見上げると背の高いサルスベリの花越しに灼熱の太陽。
京王百草園201208-4
暑いこの時期に京王百草園を訪れる人は少なく、私が散歩で行ってもほとんど誰にも会わないことが多い。
でも、この日は違った
京王百草園201208-5
先頭の黄色い車両のハンドルを手で回すと走る手動トロッコ(手トロ)に乗れるイベントが開催されていたから。

さらに松漣庵の中ではGゲージの京王線の電車(8000系と5000系)が運転できる。
先頭車両にはCCDカメラが設置されていて、運転しながらその画像を見ることができる。これは鉄ちゃん予備軍にはたまらない体験。
京王百草園201208-6
子ども向けイベントには当然同伴の大人も一緒に来るから人が多くなる。夏の子ども向けイベントは最強だね。

シュウカイドウ(秋海棠)、シュウカイドウ科。ベゴニアにすごく似ている。ベゴニアも同じシュウカイドウ科。
京王百草園201208-7
この花は夏から秋にかけて咲く花。

トンボ。高幡不動尊ではシオカラトンボが多かったが、これは何だろう?
京王百草園201208-8

見晴ら台からの眺め。空が夏っぽい。
京王百草園201208-9
この見晴台に登ってくる途中、たくさんのクモの巣があった。ということは、朝からほとんど人がここに登って来ていないことになる。
子ども向けイベントについてきた大人たちは、暑くてとてもここまで登る気がしなかったのかも。
京王百草園201208-10
緑の百草園、このイベントが終わったら、また静かな夏に戻る。

ホームページを見たら、8月3~5日のイベントで手動トロッコが好評だったため、8月31日まで延長だそうだ。
今年の夏の百草園は、例年よりちょっと賑やかになるね。付き添いのお父さんお母さんは暑くて大変だけど

朝の通勤時間帯の山手線に大きな荷物(キャスター)を持った乗客が目立つようになってきた。でもまだ朝の山手線は普段通りの混雑なので、荷物を持って乗る人は辛い。回りの人は(心中も含めて)もっと辛い・・・

(撮影 2012年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする