散歩道の花たち(4月)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

外出自粛で近所の散歩しかできないけど、散歩していて団地の花壇でみつけた花たち。これはオダマキ(苧環)、キンポウゲ科。どう読んでも人の名前(笑)。 この青紫色のオダマキを一番良くみかけるがいろいろな色の花がある。 下から見上げて撮った、外出自粛が残念なぐらいいい天気だ。

きれいなツバキ。ちょっと脂身が多い霜降りの牛肉を思い起こす(笑)

この時期らしい花、ネモフィラ、ムラサキ科又はハゼリソウ科。別名、瑠璃唐草(るりからくさ)、小紋唐草(こもんからくさ)とも呼ばれる。
一番良く見る全面が瑠璃色の品種は瑠璃唐草で、白地に紫の品種は小紋唐草という感じ。 今年はコロナウイルス感染症対策のため昭和記念公園が臨時休園中だけど、今頃はこんな感じでネモフィラが咲いているはず。この上下の写真は2019年4月に撮ったもの。

そしてこれもこの時期らしい花、シバザクラ(芝桜)、ハナシノブ科。 芝桜と言えば、本栖湖近くで開催されている富士芝桜まつり。今年は中止だそうだ。これは2016年4月に行った時の写真。富士芝桜まつりはまさに富士山と芝桜の共演。下写真は芝桜で造ったミニ富士山と本物の富士山。 毎年ゴールデンウイークは本栖湖でキャンプ。そして何度かこの芝桜を見に行ったが、今年は外出自粛でお家で過ごすゴールデンウイーク。

撮影 2020年4月 にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

コメント

  1. 凪々 より:

    富士と芝桜はとても似合いますね。
    ここはまだ行ったことが無いので
    いつか行ってみたいです。

    • chibita より:

      ちびた>凪々さん
      ここの芝桜は背景に富士山があることが最大のポイントです。
      毎年ゴールデンウイーク前後が見頃なんですが周辺道路は大渋滞です(汗)